Travel by Glenelg girl
jetflyer.exblog.jp

忘れぬよう、旅の記録。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:Italia 2006( 18 )
Roma
ローマに移動して市内をブラブラ。
昼間はあまりに暑くてヘタりそうだけど、夜は快適です。
e0038959_14193619.jpg

[PR]
by jet-setter | 2006-06-12 13:43 | Italia 2006
Sorrento
Capriで洞窟に入れず、早々に島を後にした私達は船でSorrentoへ。Sorrentoといえば、「帰れソレントへ(Torna a Surriento)」という有名なナポリ民謡で謡われた街です。
e0038959_18391144.jpg
ここでは雨も降っていたので、珍しく屋内でランチをしました。暖かいカプチーノは美味♪
e0038959_184357.jpg

[PR]
by jet-setter | 2006-06-11 18:34 | Italia 2006
Isola di Capri
友人にSalernoまで送ってもらい、船で風を受けながら美しいアマルフィ海岸を横目にIsola di Capri(カプリ島)へ向かう。このクルーズだけでも本当に気持ちよくて価値アリ。
e0038959_9144616.jpg
ところがこの日は今回のイタリア滞在中で唯一雨の降った日で天気も途中からイマイチに。Grotta Azzurra(青の洞窟)の目の前まで行ったのですが、結局波が高くて入れず。下の写真は4年前に行ったときの写真です。すごーーく蒼くて(青じゃない、蒼って感じ)美しかった・・・。
e0038959_18324929.jpg

[PR]
by jet-setter | 2006-06-11 09:14 | Italia 2006
Cava de Tirreniの夜。
Costa d'Amalfiへ行った日、友人と別れがたくて「泊まっていったら?」と強く申し出があったので、友人の住むCava de Tirreniへ行きました。友人が言うにはアジア人が珍しくて仕方ないらしく、私達はAperitivoの時もディナーの時も注目度はピカイチでした。
e0038959_974843.jpg
小さなこの街ではお祭りのためにライトアップがなされていました。しっとりとした光は綺麗。
[PR]
by jet-setter | 2006-06-10 22:07 | Italia 2006
Vietri sul mare
南イタリアは白・青・黄色のカラフルな陶器をあちこちで見かけます。これを見ると「あぁ、南に来たなぁ」と思います。お皿、装飾タイル、瓶やテーブルの上に敷き詰められたものなど。
e0038959_20195644.jpg
この陶器にレモンチェロ(これまた美味な酒です)が入ったものはお土産にいいかも。
[PR]
by jet-setter | 2006-06-10 20:19 | Italia 2006
Benvenuti alla Costa d'Amalfi!
Costa d'Amalfi (アマルフィ海岸)は私が地中海で最も愛しているエリアです。私達はナポリのPiazza G.Garibaldi駅から電車に乗り約1時間でSalernoへ到着。そこで私のAustralia時代の友人Valに再会し、そこから船でPositanoに向かいました。↓Positanoを上から眺める。
e0038959_2071593.jpg
Amalfi, Positano, Ravello, Vietri sul Mareといった小さな町々が全長40キロもの海岸沿いに点々とあります。地中海の蒼い海、明るい花の色、白い壁、燦々と降り注ぐ太陽。ここには私が思い描くリゾートがある場所です。
e0038959_208984.jpg

[PR]
by jet-setter | 2006-06-10 20:04 | Italia 2006
Vedi Napoli e poi muori!
Vedi Napoli e poi muori(ナポリを見て死ね)、と諺にもあるナポリはとても風光明媚な街で美味なる食べ物がいいっぱいあります。e0038959_17211969.jpg
しかし、他のフィレンツェやローマといった街を見てからナポリに来ると風光明媚な街というより喧騒の街と感じる。旧市街のスパッカナポリはその最たる場所でしょう。細い路地の両脇には高い建物が建ち、洗濯物が干してある景色はかなり独特。治安も良くないので、夜はホテルの近くのレストランでご飯を食べてました。でもどこで何を食べても美味しいのがナポリの印象です。値段もやっぱりリーズナブル。ホテルは前回Yuryとsakoと来たときと同じ駅前のStarhotel Terminusに泊まり、そこを拠点に色々見回りました。
ナポリと言えば、忘れてはならんのがピザ。
e0038959_17245811.jpg私たちは130年の歴史を持つ、マルゲリータとマリナラしかないDa Micheleへ。ローマのピザと違い、モチモチの生地が特徴のナポリピザ。そして新鮮なモツァレラとトマトソースとバジルの組み合わせとても美味しくて、直径40センチほどもあるピザを各自1枚ずつ完食。

お店は開店直後なのにほぼ満席で、私たちは店員をじいっと観察していたのだけど、どんなに忙しくなっても生地を広げてトッピングをする人は1人。やっぱり達人にならないと生地は触れないのかしら。
[PR]
by jet-setter | 2006-06-09 17:14 | Italia 2006
アウトレット The Mall & ミケランジェロ広場から
朝からアウトレットモールThe Mallへお買い物へ。
数年前に比べてぱったりと物欲がなくなってしまった私だけど、今日は結構楽しみにしていた。ここは昔来た時は主にGUCCIのアウトレットだったけど、今回行ってびっくり。一大アウトレットモールに成長していた。Alexander McQueen, Balenciaga, Bottega Veneta, Emanuel Ungaro, Fendi, Giorgio Armani, Gucci, Hogan, Salvatore Ferragamo, Sergio Rossi, Stella McCartney, Tod's, Valentino,Emilio Pucci をはじめとした25近くのショップがモールの中に整然と並んでいた。とりあえずGucciでは欲しいものがなくて他をプラプラ。Valentinoのドレスはサイズが合わず涙のお別れ、だったけどFENDIで服を買い、 La Perlaで下着、Hoganで靴を買い、お土産にErmenegildo Zegnaで買い物をし・・・・と気が付けば両手に抱えきれないほどのお買い物が終了。ま、ここまで来てケチる精神は私にはない、と言い訳。

午後はバスに乗り、フィレンツェが一望できるというミケランジェロ広場へ。
e0038959_12572779.jpg
すごく暑い日で、公園の入り口にあるGelateriaでリモーネのジェラートを購入して景色を眺める。フィレンツェは本当に美しい街だ。
[PR]
by jet-setter | 2006-06-08 12:53 | Italia 2006
pisa
私は高校のとき理系で、化学が苦手だったけど物理は結構好きだった。ガリレオ・ガリレイがピサの斜塔の上から物を落として落下の法則の実験をし、振り子の当時性をドゥオモのランプから発見したというこの場所はずうっと来てみたい場所のひとつだった。
到着してビックリ。 いや、本当に想像していた以上に傾いているよ・・・。
e0038959_11352148.jpg
e0038959_1145791.jpgもちろん塔の中をぐるぐると登ってピサの斜塔の上に登ってみたのだけど、本当に恐ろしい。これが立っていられるのがウソのようだ。 登ってみて分ったのは、当然傾いているので内部の階段の登りやすさ、が場所によって違うということ。傾いている側に来ると妙に登りやすかったり、登りにくかったり・・・と。
登るのには予約をしたほうがいいらしいのだけど、私たちは到着して最初の登るツアーに参加することが出来たのでラッキーだったのかも。待たされた人は4時間ほど待たされたというようなこともガイドブックに記載してあった。

ミーハーですが、お決まりの「倒れるピサの斜塔を支える私」とか撮ってご満悦。
[PR]
by jet-setter | 2006-06-07 11:34 | Italia 2006
Firenze -
華やかなルネッサンスの息づくトスカーナ州の州都 - 花の都フィレンツェ -
この街の中心にあるピンクと白と緑の大理石がとても美しいDuomoは愛のDuomo花のDuomoと色々呼ばれているけど、Santa Maria del Fiore(花の聖母マリア)教会というのが正式名称。小説「冷静と情熱のあいだに」で2人が再開した場所です。
e0038959_11291894.jpg
このDuomoのクーポラは街の中で空を見ると視界に入ってくることが多く、まさにこの街のシンボル。
[PR]
by jet-setter | 2006-06-06 11:18 | Italia 2006