Travel by Glenelg girl
jetflyer.exblog.jp

忘れぬよう、旅の記録。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:Korea 2004 Winter( 4 )
Korea 2004 Day2 - 3
e0038959_16185246.jpgさらに明洞の街をうろつき、露店や屋台でイモやトッポギや銀杏の炒めたものを買い食いする私達。食への欲求はとどまるところを知りません。


そのうち朝からの歩きづかれが足にきて、足裏マッサージを受けたいねという話になり、ホテルにも帰らず明洞にある「はな」
というお店に。マッサージ恐怖症(?)の姉を連れて行き足裏マッサージをうける。
なんせ歩くか食べるかしていない一日なので足の疲れといったら尋常ではなし。
足の裏をグリグリやられて、太ももぐらいまである妙なエアソックスみたいなので
足をぎゅーぎゅーやられているうちに気持ち良くてウトウト。。。もう夜中でした。
姉はくすぐったくて仕方なかった様子。

マッサージを終えて深夜の極寒の明洞の街をさらに汗蒸幕を目指してウロつく私達。
この日入ったのは超ローカルな人たちしかいない天地然というお店。垢すりは2日連続は辛いからやめてもらって各自がヨモギ蒸しとかカッピングをオプションとしてオーダー。
私が汗蒸幕から出てきた時にYuryはヨモギ蒸されていた・・・
顔が真っ赤になって少々辛そうなYury、でもきっと効くはずよん。
しかしカッピングを選んだ私&Sakoも辛い目に会うとは予想だにせず「がんばってー」なんて言ったりしてみた。
カッピングはまじで辛い。
終わったあとにはまんまるの内出血の跡がたくさん・・・(涙)。しかも痛くて辛かった。
美は痛みを伴うってことを理解した私。もう二度と嫌だわ。


e0038959_1622376.jpgそれでもスッキリした私達は歩いて食事処を探す(またかよー!)。確か時すでに深夜2時を回っていたような。店の名前は分からないけど、24時間営業のお店で各自オーダーして夜食。そしてようやく帰路についたのでした。
ホテルにはSakoが朝オーダーしていたステキなコートが届けられていてビックリ。仕事の速さに驚いたのです。

e0038959_16232125.jpgちなみにこれはホテルの裏の食事処の表にあったメニュー。こういう日本語があちこちにある国です。


ちなみに翌日(というか同日ですが)は6時ぐらいに再度集まって朝ごはんのお粥を食べに出かけたが、日曜日ということでお店が閉まっていて断念。別のお店で食べて空港に向かったのでした。
[PR]
by jet-setter | 2004-01-29 23:44 | Korea 2004 Winter
Korea 2004 Winter Day2 - 2
Soeul食い倒れ 2日目続き

南大門市場に来てまず買おう!と心に決めていたのは韓国海苔。
きさくなお兄さんがいるお店で大量に試食させてもらい、そして大量に購入。
e0038959_11112781.jpg

両手に抱えきれないほどの色々な種類の海苔を購入して超ご満悦な私たち。
もちろん市場では柚子茶という柚子ジャムのようなものも購入しました。

e0038959_11333640.jpg一度ホテルに海苔を置きに戻った後、韓国のMary's Alleyと呼ばれている仁寺洞へ出かける。そこは伝統衣装、陶磁器、工芸品といった韓国テイストのあふれる雑貨やグッズを扱うエリア。
伝統的なものばかりではなく、現代的にアレンジされた韓国雑貨を楽しめる場所。
アートな雰囲気もあって、私たちは自由行動となり各自お土産品や自分への買い物に集中。

私が気に入ったのはウリセゲというお店。
e0038959_11304588.jpgテーブルランナーが大好きな私はそこで色違いで2つ購入。
その他にも素敵な携帯ストラップや赤のペンケースなぞお買い上げ。
再集合した頃、ややメンバーには疲労が見え隠れしていたけど、ちょっとお茶して明洞に夜ご飯を食べるためにタクシーで向かったのです。

明洞で表に張ってあった肉の写真につられて入ったお店は現地の人ばかりの明洞会館というお店。メニューも読めやしないんだけど、適当にオーダー。
この頃姉は既に数種の韓国語を使っていた。(← 私にはそう見えた)
e0038959_11414314.jpg

出てきた豚肉は冷凍ではなく、フレッシュで最高にジューシー。カリカリに焼いてゴマ油と塩をまぜたタレにつけて食べる。鍋はジンギスカン鍋のような形・・・これはどうやらサムギョプサルという料理らしい。最高に美味でした。
私の心の中では次に韓国に行っても絶対食べに行きたい一品。
もちろん付け合せに大量のキムチ達・・・うふふ。

長い韓国2日目の夜・・・まだまだ続く
[PR]
by jet-setter | 2004-01-29 23:04 | Korea 2004 Winter
Soeul 2004 Winter Day 2
Soeul食い倒れ 2日目

朝からお粥を食べたい!ということでホテルから10分ぐらいのところにある
高麗仙に行く。
e0038959_1354333.jpgそこには野菜粥、黒ゴマ粥、鶏肉と漢方の粥など色々な種類がある。もちろん粥をオーダーするとキムチやナムル等が一緒にサーブされます。
他にも鮑粥やキムチ粥など、様々あります。韓国料理は全体に辛いけど、胃が休まるお粥でした。
そのお店では”柚子茶”なるものが出されて、非常に美味しかった。帰りに買うことを決意。

私達の泊まっていたホテルのあるエリアは梨泰院と呼ばれるエリアで、周辺にはデザインのステキなオーダーのレザーのお店なんかがある。
私達が入ったお店はPOSTというお店。
店の中はそんなに広くないんだけど、デザインがステキなコートがいっぱいありました。
私はムートンのジャケットが欲しいなぁ、と思ったものの
東京ではそんなに寒くないから活用度が低いかも、という思いに遮られてオーダーはなしに。
Sakoは春に向けてとてもステキなパール加工の施されたグリーンの皮でコートをオーダー。
なんと本日の夜までに仕上げてホテルに届けてくれるのだとか!!すごい!


その後私達は明洞に出かける。

ここでの目的は”メガネ”を作ること。
メガネ屋はいっぱいあるけど、しばらくプラプラした後どこでも一緒か
ということでグランドメガネに入る。
e0038959_146663.jpg
私は目がいいので、UVの入った薄い色のメガネを作ってもらうことに。
他の皆様は目があまりよろしくないので、度の入ったメガネを作っている。
そういえばこのメガネ屋、表に”日本語OK! チョーやすい!!”と書いてあった(笑)


メガネを作る間ランチを食べようということで明洞にあるウリジョンという
お店で海鮮鍋&チヂミを食べる。
e0038959_14125854.jpgここは地元のサラリーマンぽい人だらけで値段も安かった。そしてとっても美味だった。

e0038959_14152635.jpgここでも当然のように各種のキムチやナムルが卓を彩る。
ベチュキムチ(白菜)、カクテキ(大根)、チョンガクキムチ(ミニ大根)、オイキムチ(きゅうり)等。

食べた後、私の父上イチ押しの新世界百貨店のデバ地下でお土産を探す。
キムチやらを買い込んで、次に向かったのは南大門市場。 (続く)
[PR]
by jet-setter | 2004-01-29 22:47 | Korea 2004 Winter
Soeul 2004 Winter Day 1
28 January 2004 - 30 January 2004 
with Yury, Yoko & Sako

私たちは最も寒い1月の下旬に安いという理由でソウルに旅立った。
目的は”美味しい食べ物”、”めがね”、”韓国海苔”そして”汗蒸幕”

これらの目的は達成されたと思う。
1日5食ぐらいのペースで休むことなく美味なる物を探求しつづけ、メガネも作り
生まれてからこのかたの垢を汗蒸幕に入ってから落としてもらった。
そして、帰国する時のスーツケースの中は韓国海苔で埋め尽くされていた・・・

飛行機はAsiana Air。
激安のパッケージで2泊3日、ホテル・航空券つきで28000円ぐらいだったと思う。

初日は仁川国際空港からバスに乗せられ、途中で宝石屋に連れて行かれて
DFSを経由した後ホテルにチェックイン。
その後ツアーガイドの人に教えてもらった焼肉屋に行く。
e0038959_13391196.jpg名前は分からない。
周りにはたくさんのツアー客ぽい
人達がいる・・・
それなりに美味しく、焼肉屋なのに私は念願のサンナッチ(活き蛸の踊り食い)を食べてご満悦。
ビールにカルビ焼肉、プルコギ、サンナッチを食する。
でも今思うと、この旅行中で一番高い夜ご飯だったかも。

その後さっそく汗蒸幕に行く。
向かった場所はホテルから徒歩10分ぐらいの韓国汗蒸プラザ
外国人専門(何か変な響き)のここはホテルのような近代的なつくりで清潔な感じだった。
汗蒸幕は基本コースというシャワーを浴びたり、汗蒸幕のドームやお風呂に入って垢すりを
受けるコースにまず料金を支払って、その他に色々なオプションがある。
オプションにはフェイシャルやマッサージといったどの世界にもありそうなものから
カッピングや糸で顔のうぶ毛をとるものまである。
オプションを申し込まないとだめ、というお店まであったりするのが商売。

普段汗を全然かかない私はドームの中に入ってもしばらく汗がかかなくて、一緒に入った
Yuryがダーラダラ汗をかく横で”しっとり”していた。
それでもしばらく入ると体の中から汗が出てきて、老廃物が出て行くー!!!って気分に。
顔の毛穴開きまくり。老廃物も出まくり。 とってもステキ。
その後垢すりをしてもらうと、信じたくないほどの消しゴムのカスのような垢がボロボロと。
Oh No!!誰にも見せたくない状況だわ。。。

みんなツルピカになって、初日は終了。
ホテルに帰る。
ちなみにホテルの部屋の様子・・・・ センスいいとは言いがたいよね。
e0038959_13463160.jpg

[PR]
by jet-setter | 2004-01-28 13:11 | Korea 2004 Winter