Travel by Glenelg girl
jetflyer.exblog.jp

忘れぬよう、旅の記録。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Milano
この日体調を崩していたのですが、せっかく来たのに!と思って無理をして外出して一人でBarでカプチーノとパニーノを食べたり、お店をブラブラしたりしてました。が、限界を感じて午後にはホテルに直行して夜まで結局部屋でゴロゴロ。 BBCを見たり、イタリア語の雑誌に挑戦したり(あっさり敗退)、音楽を聴いたりしてました。
e0038959_2351839.jpg
夜には体調も回復して母上を迎えにMalpensa Aeroportまで行きました。
Milanoに戻っても日がまだ高かったので(といっても20時ごろ)、ご飯食べに出たらDuomoがとても綺麗でした。
[PR]
# by jet-setter | 2006-06-03 23:45 | Italia 2006
Parma
K嬢とコモ湖に行くはずが、色々ドタバタ劇があり、結局Parmaに行くことに。
パルマといえばサッカーの中田英のイメージぐらいしかなかったのですが、よく考えてみると生ハムとかパルミジャーノチーズ(Parmigiano Reggiano)とかあるんだよね。

e0038959_23555725.jpgParmaのあるRegione Emilia-Romagna(エミリア・ロマーニャ州)には色々メジャーな食材がいっぱい。ワインの生産量はイタリアでトップ、そして有名なパルマの生ハムを筆頭にボローニャのハム、そしてボロネーゼ発祥の地でモデナのバルサミコといったブランドが多い場所。そして北イタリアと南イタリアの中間地点という地理的特長から南北融合のグルメの場所だとか。

私たちも早速レストランに入り、生ハムをantipastoにLambruscoでカンパーイ!(おっと、イタリアはSaluteでした) やっぱりこれぞVacanzaだわ~、なんて言いながら互いの近況報告で盛り上がる。
e0038959_23575683.jpg
すごく努力家のK嬢。当初通うはずだったイタリアでの語学学校の期間を切り上げて今通っている学校に入学したのだとか。学校の授業は完全にイタリア語ということで、私のへっぽこイタリア語とは比べ物にならない流暢なイタリア語が素敵でした。

Parmaの街は全体的にピンク色でとても可愛い街です。
[PR]
# by jet-setter | 2006-06-02 17:58 | Italia 2006
Westin Palace Milano
MilanoでのホテルはWestin Palaceでした。
e0038959_1621828.jpgMilano Centrale駅の隣駅のPiazza della Republicaにあるホテルなので、私はしょっちゅうCentraleからRepublicaまで歩いていました。
ロビーは割りとモダンな感じで、夕方になるとキャンドルがセットされ、ウェルカムドリンクが用意されていたので私はよくロビーで軽く一杯飲んでからお部屋に戻っていました。
ホテルにはスパもありましたが、今回は体験せず・・・。次こそは体験したいものです。

外見は割とシンプルでしたが、部屋の中は中世のヨーロッパのお城!?なイメージでした。
e0038959_1628437.jpg
泊まったのはジュニアスイートだったので、広くって大満足。写真には写っていませんが、ベッドはWestinならではのHeavenly Bed。私はこのベッドが大好きで、何時間でもすやすやと眠れるのです。写真になると、かなりピンクとグリーンが強く見えますが、実際はそうでもなくて落ち着いたトーンのお部屋です。
[PR]
# by jet-setter | 2006-06-01 16:15 | Italia 2006
Ciao Italia!
また、イタリアへ行くこととなりました。
最後に行ったのはいつだろう、と考えると既に4年前。
今回はMilano in Milano outで2週間強の日程です。
いい季節のせいなのか、飛行機は激混み。アップグレードで2階席のCクラスでした。ラッキ。
ミラノでは友人Kちゃんのところへ。彼女はミラノにてお勉強中です。
ミラノは2回目ということもあり、とりあえず彼女オススメのBergamoへ。
e0038959_1675143.jpgここはミラノから電車で1時間程度ですが、ミラノが近代的な商業都市なのに対して街自体が非常に中世の雰囲気を残している場所です。とりあえず旧市街のCitta altaへ。ここはCitta altaの中心にあるベッキア広場。旧市街は丘の上にあり、ぐるりと城壁に囲まれているので、その城壁の中に入るためにケーブルカー(Funicolare)やバスを使います。
街のガイドによると、ミラノから近い場所にあるベルガモですが、長くVeneziaの支配下にあったということで、多くをVeneziaから影響を受け、ミラノと異なる様子があちこちにあるのだとか。
e0038959_1621985.jpg
新市街はCitta Bassaといい、Citta altaの城壁の上から綺麗に景色を見ることが出来ます。
[PR]
# by jet-setter | 2006-05-31 15:56 | Italia 2006
HK day2 Dim sum -> Shopping -> Night market -> hot pot
ホテルは前に来た時に改装工事をしていたので、とても綺麗になっていた。
e0038959_1054460.jpg
ベッドが恐ろしく気持ちい。何だか引き込まれるよう・・・。湾に面していたので窓からは対岸の香港島の景色が見えて香港気分満点!

2日目は朝からローカルづくし。
尖沙咀(Tsim Sha Tsui)のあたりをウロウロして、まずは朝ご飯に粥(yuryは麺)を食べる。その後これまたローカルなマッサージ店に飛び込む。昨日の夜遊びの疲れを取ってください!と心の中でお願い。実際はかなりのアタリだった。

その後ホテルで明楓(MF)とSと再会して、これまたローカルなお店で飲茶を食べる。
今回はMFの子供と旦那様HとMFの母上とも再会。彼女の結婚式以来なので3年半ぶり。
飲茶も美味しかったし、色々おしゃべりすることがあって3時間なんてあっという間。
e0038959_1055816.jpg
飲茶の後はぶらぶらとお買い物(といっても見ているだけで何も買わなかった)。

Sと分かれたあと私達は旺角(Mongkok)のNight Marketへ。女人街と呼ばれるここには色々なものが売ってます。ここでチャイナテイストあふれる小物を獲得。可愛いパーティーバッグも安い、けどさらに値切る私達。
夜ご飯は火鍋。
ローカルな場所で英語が通じる人は1人だけ。でも何とかなるもんだ♪
[PR]
# by jet-setter | 2006-03-12 18:41 | Hong Kong 2006
Nightlife in HK with expats
初日の夜は英国人銀行員Sと再会してPacific PlaceのZENで広東料理を食べ、IFCのISOLA bar +grillで対岸の夜景を見ながら飲み、深夜になってDragon-iへ移動という香港expatsの好きそうなルートでの夜遊び。時が経つにつれ合流する人数がどんどん増えていくのが面白い。みんな知り合いなのか?って感じ。日本でもそうだけど香港expats worldも相当狭そう。
e0038959_10375225.jpg
バンコクから来ていて来月日本に来るというmake up artistの女性と話が盛り上がり、東京で会うことを約束。その人は私ぐらいの年かなぁ、と思っていたけど実際は40歳との事。やっぱり他人の年齢は分からない・・・。シャンパンをごくごく飲み、トレーダーDと色々おしゃべり。彼は合気道が好きで何年も合気道をやっているとか。人って見かけによらないわ。
足がくたくたになったのでタクシーでホテルまで戻る。目が覚めたらマッサージに行きたいわ。
[PR]
# by jet-setter | 2006-03-11 03:36 | Hong Kong 2006
Hong Kong 2006 Day1
香港にYuryと行きました。

香港の空港に到着し、タクシーで移動してホテルにチェックイン。
その後すぐにMTRに乗り、Grand HyattにあるPlateauへ。e0038959_21463788.jpg
ここは香港在住の知り合いでお薦めのスパを聞いた人が8割の確率で挙げた場所。ここでマッサージをうける。ノンビリと窓の外の九龍側の景色を見ながら飛行機移動で疲れた体から毒素排出。マッサージの後はGrooming roomで景色を見ながらハーブティーやフルーツを頂く。
置いてあったアメニティはオーストラリアのAesop。アロマ好きの私のお気に入りです。

ホテルへの道すがらあまりの空腹に耐えられずお買い上げしたエッグタルトはサックリ、クリームがトロトロで本当に美味しかったのだが、本格的にマッサージの後は何か食べようということでローカルなお店に飛び込む。

地元の人が集まるこのお店で2人とも麺を食す。
e0038959_21565244.jpg
こういうのを食べると「あぁ、香港だなぁ」と思う。胃に染み渡る美味しさです。

e0038959_22244399.jpgその後中環(Central)のペニンシュラやマンダリンホテルのクッションやソファなどのデザインを手がけるJackson Law Suiteへ。お部屋はアジアンテイストと決めている私は、ここのテイストが大好き。
ここでクッションカバーといったファブリックを購入。これから春だし少しお部屋の模様替えもしなくちゃね。
一度ホテルに戻り、荷物を置いた後Pacific Placeへ英国人銀行員Sとの待ち合わせのために向かう。
[PR]
# by jet-setter | 2006-03-10 21:04 | Hong Kong 2006